GrapeCity.DioDocs.Pdf.ja 3.1.0.513

DioDocs for PDF(GcPdf)は、PDF ドキュメントを作成、分析、変更できるクロスプラットフォームライブラリです。Adobe PDF 仕様に厳密に従ったオブジェクトモデルを持ち、PDF 形式のさまざまな機能に直接アクセスできるように設計されています。さらに、DioDocs for PDF には、プラットフォームに依存しない強力なフォント処理/テキストレイアウトエンジンなど、さまざまなハイレベルな機能が含まれており、PDF ドキュメントを簡単かつ便利に作成できます。

DioDocs for PDF のオンラインサンプルブラウザが https://demo.grapecity.com/diodocs/pdf に用意されています。

DioDocs for PDF を使用するには、開発ライセンス、もしくは30日間利用可能なトライアル版ライセンスのいずれかが必要です。いずれのライセンスも適用されない場合、一部の機能が制限されます。ライセンスの手続き方法についてはライセンスのページを参照してください。

【本パッケージは日本語版製品です。】

Install-Package GrapeCity.DioDocs.Pdf.ja -Version 3.1.0.513
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Pdf.ja --version 3.1.0.513
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Pdf.ja" Version="3.1.0.513" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Pdf.ja --version 3.1.0.513
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.

DioDocs for Pdf に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報
製品ヘルプ
ライセンス手続き

DioDocs for Pdf に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報
製品ヘルプ
ライセンス手続き

Release Notes

# 3.0.0.415(DioDocs for PDF V3J)からの変更点:

## 機能の追加
- redact アノテーションを適用するためのサポートが追加されました。GcPdfDocument.Redact() メソッドのオーバーロードをご覧ください。
- SaveAsImageOptions.IgnoreErrors プロパティが追加されました(既定値は true)。
- Page.Draw() および Page.DrawAnnotations() メソッドに ignoreErrors オプションパラメーターが追加されました。
- PDF を画像として保存する際の JPEG2000 画像のサポートが追加されました。
- WidgetAnnotation.CheckStyle プロパティが追加されました。WidgetAnnotation が CheckBoxField または RadioButtonField にリンクされている場合に使用されるチェックマークのスタイルを指定します。
- RadioButtonField.AddItem() メソッドが追加されました。WidgetAnnotation を作成して Field.Widgets コレクションに追加します。
- 名前付きアクションを追加して GcPdfDocument.OpenAction に割り当てる機能が追加されました。
- SaveAsImageOptions.Print プロパティが追加されました。印刷用に画像を生成するかどうかを指定します。PD F要素の可視性は、PDF がプレビューされるか印刷されるかによって異なります。このプロパティは、そのような要素がレンダリングされるかどうかに影響します。
- Page.Draw() メソッドにオプションの印刷パラメーターが追加されました。
- SaveAsImageOptions.EnableFontHinting プロパティが追加されました(既定値は true)。
- Signature.Content プロパティが追加されました。返されたオブジェクトを使用して、署名のバイナリデータから追加情報を取得できます。署名の生成に使用された X509Certificate を取得します。
- StandardSecurityHandlerRev3 に CopyContent および CopyContentAccessibilit プロパティが追加されました。これらは、現在廃止としてマークされている CopyContentPermissions の代わりに使用する必要があります。
- FileSpecification.UnicodeFile プロパティが追加されました。File Specification ディクショナリ内の「UF」エントリを「F」エントリとは別に指定できます(以前は、File プロパティが「F」エントリと「UF」エントリの両方を設定するために使用されていました)。Adobe Reader との互換性が向上しています。

## 不具合の修正
- マルチスレッド環境で、エクスポートしたPDFにフォントが正しく埋め込まれない場合がある(文書番号:85118)
- SaveAs*** メソッドで高解像度の画像を出力するとテキストが縮小される(文書番号:84933)
- 特定の PDF において、追加したテキストが反転して描画される(文書番号:84862)
- 既存の PDF ファイルを読み込んで圧縮オプションを変更して保存する処理を繰り返すと「Bad compression method for ZLIB header: cmf=0」という例外が発生する(文書番号:84679)

## 仕様の変更
- 以前のバージョンでは、RadioButtonField は常に円としてレンダリングされていました(チェックした場合は内側に点があります)。今回のバージョンから、CheckBoxField と同じ方法で外観が決定されます。WidgetAnnotation.Border および WidgetAnnotation.CheckStyle を参照してください。

## その他の変更
- GcPdfDocument.ImportFormDataFromCollection() メソッドは、フィールド名のドットを階層区切り文字として解釈するようになりました。
- AcroForm.Fields コレクションでは、大文字と小文字を区別した検索を使用するようになりました(大文字と小文字だけで名前が異なるフィールドを持つ PDF が存在します)。
- GcPdfDocument.SaveAsTiff() メソッドに、TIFF フレームの設定(圧縮など)を指定できるオプションパラメータが追加されました。
- 壊れた PDF ファイルの処理を改善しました。GcPdf は、可能であれば PDF コンテンツのエラーを無視しようとするようになりました。
- パッケージに含まれるすべての dll ファイルにデジタル署名が付加されるようになりました。

GitHub repositories

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version History

Version Downloads Last updated
3.1.0.513 1,797 5/19/2020
3.0.0.415 3,820 12/17/2019
2.2.0.315 2,256 9/2/2019
2.2.0.310 634 6/25/2019
2.1.0.265 581 4/23/2019
2.1.0.261 514 2/26/2019
1.0.0.153 859 1/7/2019
1.0.0.151 279 12/6/2018
1.0.0.146 390 10/29/2018
1.0.0.145 393 10/15/2018