GrapeCity.DioDocs.Excel.ja 3.0.1

DioDocs for Excel(GcExcel)は、Excel に依存しない、小フットプリント・高速スプレッドシート API です。.NET Standard 2.0 を完全にサポートしているため、.NET Framework、.NET Core、および Xamarin でスプレッドシートを生成、ロード、変更、変換できます。このスプレッドシート API を使用するアプリケーションは、クラウド、Windows、Mac、Linux に展開できます。設計や要件に妥協を求めない、強力な計算エンジンと広範な機能を備えています。

このインタフェースベースの API は、Excel のドキュメントオブジェクトモデルに基づいてモデル化されています。そのため、あらゆるスプレッドシートシナリオのインポート、計算、クエリー、生成、エクスポートが可能です。GcExcel を使用すると、レポート全体、ソートおよびフィルタ処理されたテーブル、ソートおよびフィルタ処理されたピボットテーブル、ダッシュボードレポートなどの作成、チャート、スパークライン、条件付き書式設定などの追加、Excel テンプレートのインポート/エクスポート、さらにスプレッドシートの PDF への変換を行うことができます。

DioDocs for Excel のオンラインサンプルブラウザが https://demo.grapecity.com/diodocs/excel/ に用意されています。

DioDocs for Excel を使用するには、開発ライセンス、もしくは30日間利用可能なトライアル版ライセンスのいずれかが必要です。いずれのライセンスも適用されない場合、一部の機能が制限されます。ライセンスの手続き方法についてはライセンスのページを参照してください。

Install-Package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja -Version 3.0.1
dotnet add package GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 3.0.1
<PackageReference Include="GrapeCity.DioDocs.Excel.ja" Version="3.0.1" />
For projects that support PackageReference, copy this XML node into the project file to reference the package.
paket add GrapeCity.DioDocs.Excel.ja --version 3.0.1
The NuGet Team does not provide support for this client. Please contact its maintainers for support.

DioDocs for Excel に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報
製品ヘルプ
ライセンス手続き

DioDocs for Excel に関する情報については、以下のリンク先をご参照ください。

製品情報
製品ヘルプ
ライセンス手続き

Release Notes

# 2.2.4(DioDocs for Excel V2J SP2)からの変更点:

## 機能の追加
- テンプレートによる Excel レポートの生成をサポートしました。
- チャートを含む Excel スプレッドシートから PDF への変換をサポートしました。
- スライサーを含む Excel スプレッドシートから PDF への変換をサポートしました。
- 新しい Excel 2016 チャートタイプをサポートしました。
- PDF への保存時におけるセキュリティオプションをサポートしました。
- PDF への保存時における文書のプロパティをサポートしました。
- ワークブックの保護をサポートしました。
- ワークシートにチャートのみを含むチャートシートを追加できるようになりました。
- ハイパーリンクを持つシェイプをサポートしました。
- シェイプのグループ化/グループ化解除をサポートしました。
- アウトライン小計の計算をサポートしました。
- 数式において指定されたセルの参照元あるいは参照先を含む範囲を取得できるようになりました。
- Excel と同様のピボットテーブルの総計とレポートレイアウトオプションが追加されました。
- シェイプの形状を調整する機能が追加されました。
- PDF への保存時に背景画像を含めるかどうかを指定できるようになりました。
- 複数の画像を含む Excel ファイルを PDF にエクスポートした際のファイルサイズが縮小しました。
- ワークブックの単一のインスタンス生成時にライセンスコードを指定できるようになりました。
- ピボットフィールドおよびデータフィールドの名前を変更できるようになりました。
- SpreadJS におけるセル型およびセルタグをサポートしました。
- SpreadJS における列の幅/行の高さを自動調整する機能をサポートしました(PDF への保存時)。
- 指定された範囲内のセルにカスタムアイコンがあるかどうかを検出できるようになりました。
- シェイプや行の高さの自動調整を含む大規模なスプレッドシートの読み込みにかかる時間が改善されました。
- Excel 日本語版における組み込みの名前付きスタイルをサポートしました。

## 不具合の修正
- SpreadJS v12から出力されたJSONデータをGcExcelで再保存すると、バリデーションが無効になる(文書番号:84738)
- 特定のxlsxを読み込みpdfとして保存すると例外が発生することがある(文書番号:84737)
- フォームコントロールが含まれるシートを同一ワークブック内にコピーすると、Excelで開いた際にエラーが発生する(文書番号:84429)
- Excelで開いたとき、垂直方向にセルをまたいで配置されたシェイプのサイズが不正になる(文書番号:84366)
- Excelで開いたとき、水平方向にセルをまたいで配置されたシェイプのサイズが不正になる(文書番号:84365)

This package is not used by any popular GitHub repositories.

Version History

Version Downloads Last updated
3.0.1 713 12/17/2019
2.2.4 973 9/2/2019
2.2.1 453 6/25/2019
2.1.4 337 4/23/2019
2.1.0 396 2/26/2019
1.5.0.8 392 1/7/2019
1.5.0.6 196 12/6/2018
1.5.0.5 323 10/29/2018
1.5.0.4 306 10/15/2018